あの女がますます老いて帰ってきた。


by mucky55

初老と病気3—ジョーバのススメ


果たして、私はジョーバを手に入れた。
値段は 2万円ちょっと であった。
新品だとだいたい12〜15万のシロモノだが
ネットオークションだと1万円くらいから出ているのである。

世の中には、すぐ飛びつく人も飽きっぽい人も多いので
それだけオークションに出る数も多いようだ。大いに利用させて頂こう。

私が落札したのは、ゴルフコンペの賞品でほとんど使ってないという逸品だった。
もっと安いのもたくさん出ているし、十分だと思う。
もしジョーバをやりたい人は、ネットオークション利用をお勧めする。

とにかく毎日やった。
食後30分〜1時間、1回15分。一日最低でも夕食後に1回。
時間がある時は2回(30分)とか、朝食後などもやったりした。

はじめはお尻が痛くなってつらく、クッションを敷いたりしたが
それにも徐々に慣れて、連続30分やっても何でもなくなった。

疲れていても、眠くても、とにかくジョーバに乗った。
またがりさえすれば15分なら頑張れるだろう。
オバマ大統領だって15分くらいは時間あるだろう。
好きな曲4曲分、NHK朝ドラの1話分だもの。

iPodに落とした曲を聴いたり映画を見ながら
とにかく毎日毎日1日も欠かさずジョーバには乗った。

食事は1日5回食べるようにした。3回分を5回に分けて食べるのだ。
難しいことではない、例えば朝食べようと思ったヨーグルトを10時に食べるとか
昼に食べようと思っていたバナナを夕方に食べるとか、そんな感じだ。
とにかく食事と食事の間があまりあかないように気をつけた。

それからオッサン君の帰りを待って、よく10時過ぎになっていた夕食を
待つのは7時までにし、それ以降になる場合は先に食べた。

基本食べたいものはなんでも食べたが、甘いものには気をつけた。
最初のショックで、お菓子類を食べたい欲が消え失せたのは幸いだった。
それから揚げ物や極端に油分の多い調理法も避けた。

糖尿病の食事法や単位法?や献立のたてかたを病院で教わったが
参考にはしたが、正直その通りにはとても出来なかった。
自己流ではあるが、栄養面には気をつけつつ、食べる順番にも気を使ううちに
最初の1ヶ月で体重は3キロ以上減った。

そして1ヶ月後の受診、血液検査で脅威の結果が出た。


血糖値 115(前月より-35、正常値まであと5)
HbA1c   6.3(前月より-1.4、正常値まであと0.5)



これには主治医も驚き
「すごいね、一体どうやったの?」というので

「先生、実はジョーバを買ったんです。中古で2万で。
 そして毎日毎日毎日乗りました。
 ジョーバですよ先生。ジョーバです。」

「ほう、ジョーバですか。」

「ええ、ジョーバです。」

私は確信していた。
正直、これがウォーキングであったなら、絶対毎日など出来なかった。
ジョーバだからここまで出来たのだと思う。


その後も、私の数値は毎月がっくんがっくんと落ち続け


血糖値 115→96→93
HbA1c 6.3→5.9→5.3



5月に糖尿病かもと宣告されてから4ヶ月で正常値になった。
体重は9キロ落ちていた。
実は3年前、婦人科疾患のホルモン治療の副作用で一気に7キロ増えて
そのままほとんど戻らすだった分が帳消しになり、さらに2キロ減ったことになる。

9月下旬、私は改めて主治医に聞いてみた。

「先生、私は糖尿なんでしょうか?」

「今の状態では違うと言っても良いでしょうが
 でも予備軍(なりやすい)には違いないので
 これからもこのまま続けてください。」


そして次の受診は3ヶ月後で良いと言うことになった。
12月中旬に、私は正常値のまま、そしてまた何キロか落として
主治医を訪ねたいと思っている。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
ランキング参加中。
[PR]
by mucky55 | 2010-11-11 10:53 | 健康